やればできる子!!!

公務員試験に敗れたニートが社会復帰を目指す

雑記18 すべてを前向きにとらえることはできないから

こんばんは、配信サービスでF6のライブを見ていたら、眠気が吹っ飛んだしよりです。

 

まぁ、それはそれとして。

 

タイトルにあるようなことをふと思いまして。

特に意味なんてないですけど、

私は小学生くらいから両親に勝手に縛られて生きてきたんだなぁと

最近の自己分析で思っているのですが

別にそれってどうでもいいことだよな、とも思ったりします。

別の家に生まれたかったとか考えたりすることは、なかったわけじゃないけれども

家の呪縛からは逃れられない精神科通いのニートだから

できる事は限られているけれども、

最近、母親に遅れてきた反抗期をぶつけまくって

なんやらすっきりしつつある私です。

 

やりたいことはいろいろあります。

それこそ親の呪縛でできなかったこともその中の一つです。

けど、年齢が厳しいよなぁとか思ったりして、勇気が足りませんね。

ニートの良いところは背負っているものが何もないところだと

最近気づいたので、ある意味何でもできるのではないかと思うので、

できる限りいろんな挑戦をして、そのうち自立できたらいいなと

思う今日この頃。

 

 

勇気を出していきたいものです。